著者のコラム一覧
関由佳医師・料理家

専門は内科、予防医学。2013年ニューヨークの料理専門学校(Natural Gourmet Institute)で資格取得。著書に「毎日食べたい!腸活みそレシピ」ほか

人参と生姜のみそドレッシング 視力、性機能の衰えを撃退

公開日: 更新日:

 私は料理で塩を使うことがほとんどありません。どんな料理でも、「しょっぱさ」が欲しいときには、みそを使います。料理に合わせて風味の異なるみそを使い分けます。ですから私のキッチンには、専門店で購入したもの、みそ蔵から取り寄せたもの、手作りのものなど、15から20種類のみそが常備されています。

 大豆やひよこ豆を使った手作りのみそは、つくってから2、3カ月でも食べられますが、やはり6カ月以上は寝かせます。しかし、みそ自体は寝ているわけではありません。寝るどころか活動的な発酵、熟成の時間で、この時間が重要なのです。

 その過程において乳酸菌、酵母をはじめとするいわゆる善玉菌が産生されるばかりか、多種多様な栄養素が蓄積されます。味も深まります。

 みそは、人間に必須の塩分、おいしいと感じる「しょっぱさ」と風味以外に、豊富な栄養も提供してくれるスーパーフードなのです。

 みそ選びのポイントですが、まず、大豆、塩、麹だけでつくられていること。化学調味料が添加されたものは、おすすめできません。また、少なくとも6カ月以上熟成されていること。スーパーなどで選ぶ際も、無添加で長期熟成と表示されているものを選ぶようにしましょう。商品によっては、短期間で市場に出すために人工的に発酵、熟成を止めてしまったみそもあります。長期熟成によって産生されるビタミンB群や抗酸化作用のあるメラノイジンを豊富に含んだみそがオススメです。

 よく見かける「天然醸造」という表示は、人工的に加温したりせずに、季節の寒暖の影響を受けながら時間をかけて熟成させたことを示しています。地元のみそ蔵、通販などで探してみてはいかがでしょうか。

 さて、今回のレシピは超簡単にできる「人参と生姜のみそドレッシング」。ドレッシングといっても、立派な具にもなります。人参に豊富に含まれるβカロテンは、体内でビタミンAに変わり、夜間の視力の維持、皮膚や粘膜の修復、性機能向上、肌のシミの解消の効果が期待できます。今回選んだ野菜はベビーリーフ、ラディッシュ、そしてトッピングの松の実ですが、お好みで選んで、時節柄、不足しがちな野菜をおいしく取りましょう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」