著者のコラム一覧
石原藤樹「北品川藤クリニック」院長

信州大学医学部医学科大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。

「安らかな死」のための薬の効果 米国医師会雑誌で臨床報告

公開日: 更新日:

 高齢者社会においては、死は身近な問題です。避けられない死を安らかに迎えたいというのは、年齢を重ねれば誰でも考えることかもしれません。自然な死の前には、呼吸の力が低下して、空気の通り道である気道に痰が絡まり、ゴロゴロという音を立てることがあります。これは死の数日以内に起こる変化で、「死前喘鳴」と呼ばれています。

 こうした状態になった時には、本人は意識がないことが多いので、苦しさは感じていないかもしれないのですが、それを見ている家族や知り合いにとっては、その状態はとても苦しそうで、見ていてつらいものです。この症状を緩和する方法はないのでしょうか? 

 海外で広く使用されているのが、抗コリン剤と呼ばれる痰を減らすような作用のある薬です。ただ、その効果については、これまであまり科学的な検証がされていませんでした。今年の米国医師会雑誌に、オランダでの臨床試験の結果が報告されています。162人のホスピスに入った患者さんをくじ引きで2つに分けて、その一方に抗コリン剤のブチルスコポラミン臭化物という薬を注射で使用したところ、死前喘鳴が明確に低下する効果が認められたのです。この薬は日本でも腹痛などで使われている一般的なものです。

 安楽死は議論のあるところですが、安らかな死のための薬というのは、今後日本でも議論されるようになるかもしれません。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変