著者のコラム一覧
石原藤樹「北品川藤クリニック」院長

信州大学医学部医学科大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。

ビタミンのサプリメントで骨折が増える 1.5倍のリスク報告も

公開日: 更新日:

 健康のために、サプリメントを使用している人は多いと思います。多種多様なサプリメントが存在していますが、医学的にその価値が確認されているものはほとんどありません。今年公表された米国予防医学専門委員会の報告書によると、ビタミンとミネラルのサプリメントの中で、明確に健康への良い影響が科学的に確認されたものはなく、特にβカロテンとビタミンEを取りすぎると、むしろ病気の危険が高まる可能性がある、と指摘されています。

 多くの人が使用しているマルチビタミンについても、その有効性は確認されませんでした。ビタミンの中でもビタミンB群のような水溶性ビタミンは、体で過剰になれば水に溶けて尿から出ていくので、たくさん取っても問題はないと考えられていました。しかし、2019年の米国医師会関連の医学誌に発表された論文によると、ビタミンB6とB12をサプリメントで大量に取っている閉経後の女性は、50%近くも大腿骨頚部骨折のリスクが増加したと報告されているのです。

 その原因は不明ですが、ビタミン自身が骨の代謝に悪影響を与えた可能性も指摘されています。食事から栄養が不足気味の場合には、サプリメントの活用は有効ですが、食事がしっかり取れているのに、健康のためにサプリメントを取ることは、危険な場合もあるようです。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで