著者のコラム一覧
中川恵一東大大学病院 医学系研究科総合放射線腫瘍学講座特任教授

1960年生まれ。東大大学病院 医学系研究科総合放射線腫瘍学講座特任教授。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

再発肺がんで急逝した三遊亭円楽さん 報道より進行していた可能性

公開日: 更新日:

 肺がんで亡くなった落語家・三遊亭円楽さん(享年72)が4日、親族や直弟子21人に囲まれて荼毘(だび)に付されたそうです。葬儀の最後、奥さまが「楽ちゃん、ありがとう」と声をかけると、お経をあげた菩提寺の住職も涙で声を詰まらせたといいます。

 記憶に新しいのは、8月の高座復帰でしょう。今年1月の脳梗塞で高次脳機能障害による短期記憶障害に悩まされながらも、古典落語を披露。これからと思われたとき軽度の肺炎を発症。それも良くなって、肺がん治療を再開した矢先の訃報と報じられただけに、皆さん、「何があったの?」と思われたでしょう。

 この間の報道を総合すると、再発した肺がんがかなり進行していたのかもしれません。分かる範囲で振り返ってみましょう。

 2018年8月に右肺にステージ2~3Aの肺がんが見つかると、右肺の3つの部位に分かれる1つをロボット手術で切除して、術後抗がん剤治療をプラスしました。

 翌19年7月、MRI検査で脳と首のリンパ節への転移が判明。脳転移は2.5センチで、ガンマナイフという定位放射線治療を1回15分、3日かけて受けています。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる