著者のコラム一覧
森大祐整形外科医

整形外科全般診療に長年携わる。米国トーマスジェファーソン大学で人工肩関節の臨床研究を行い、2000例超の肩関節手術を経験。現在は京都下鴨病院で肩関節や肘関節、スポーツ障害患者に診療を行う。サイトで整形外科疾患の情報を発信。

肩が痛いのに医師から「とりあえず様子見で」と言われたら…

公開日: 更新日:

 先週紹介した上腕二頭筋腱損傷。この病気は肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)や腱板断裂と症状は似ています。ある方向に腕を動かすことで痛みが生じる、夜間痛があるなどです。

 上腕二頭筋腱損傷を持つ方は特に「痛くない反対の肩に手を置きにくい」「駐車場に入場する際に運転席から駐車券を取るのがつらい」「ポケットに手を入れにくい」などと訴えます。

 MRIなど画像検査だけでは診断がつきにくい。というのも、画像検査で炎症所見は見られるのですが、腱板断裂のように腱断裂まではいっていないからです。

 2011年、奈良の橋内智尚先生という整形外科医が、国際雑誌JSESに次のようなことを報告されました。

 それは、超音波下で少量の局所麻酔剤を上腕二頭筋腱に注射し、痛みが軽快する場合は上腕二頭筋腱損傷の可能性が非常に高いということ。かつ、この注射は、診断が治療に結びつく。もし痛みが軽快しなければ、別の病気の可能性を考え、さらなる手を講じます。

 重要なのは、肩の痛みという訴えがあった場合、考えられる病気の一つとして上腕二頭筋腱損傷を医師が思い浮かべられるかどうか。積極的に超音波下で局所麻酔剤の注射まで行えるかどうか。画像診断で異常なしだからと何の治療も行わなければ、痛みは鎮まりません。

 肩が痛いのに「とりあえず様子見で」と言われたら、「上腕二頭筋腱損傷という病気があると聞いたんですけど……」「局所麻酔剤で痛みが消える場合もあるらしいんですが……」など、主治医に投げかけてみるのもいいかもしれないです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる