著者のコラム一覧
堀田秀吾明治大学教授、言語学者

1968年生まれ。言語学や法学に加え、社会心理学、脳科学の分野にも明るく、多角的な研究を展開。著書に「図解ストレス解消大全」(SBクリエイティブ)など。

読書をする人としない人とでは、平均寿命に2年の違いがある

公開日: 更新日:

「読書療法」(ビブリオセラピー)という言葉を知っていますか? 心の病気(うつやノイローゼなど)がある人たちに対して、読書をすることで治療を施すプログラムです。

 日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、イギリスでは政府公認で医師が精神患者に対して薬ではなく本を処方する医療システムがあり、イスラエルでは「読書セラピスト」という国家資格があるほどです。私たちが想像している以上に、「本を読む」ことは心に好影響をもたらすのです。

 そもそも読書にはどのような作用があるのか。カーネギーメロン大学の研究では、8歳から10歳の子どもに半年間で100時間の読書をしてもらい、その前後で脳にどのような変化があるのかを調べたそうです。

 その結果、「白質」という情報処理を担当する脳の部位がよく働くようになったといいます。賢い人は読書をしているイメージがあると思いますが、実際に本を読むことで脳の情報処理速度は向上するというわけです。

 また、エール大学の研究者が実施した研究(2016年)では、本を読むと本を読まないとでは寿命に差異が生まれることも判明しています。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差