不二家「カントリーマアム」 “焼きたて”の美味しさへのこだわり

公開日: 更新日:

 これまでにない新食感のクッキーの開発は試行錯誤の連続だったが、84年ついに完成。「バニラ」と「ココア」を発売する。期待の新商品。初代パッケージは、当時としては斬新な分割トレーを採用し(87年から個包装)、売り方もひと工夫。「焼きたてのおいしさ」を再現するため、「温めて」の試食販売を積極的に展開した。

 そう、これが人気のポイント。カントリーマアムは温めることでより一層焼きたてのようなおいしさが楽しめるのだ。逆に、冷やして食べればチョコチップのカリッとした食感が生きる。こうしたおいしい食べ方の訴求もヒットの要因である。

 1年目から順調に売れるも、今につながるブレークは92年、大袋タイプの登場から。主婦層へのアピール度が高く、価格的にも店頭で訴求しやすい大袋は、スーパーマーケットが急成長の時代にうまくハマった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る