7割が半年以内に挫折 脱「三日坊主ランナー」4つのポイント

公開日:  更新日:

 ランニングを始めて6カ月以内にやめた“燃え尽きランナー”は67%。スポーツ用品メーカー「デサント」と体重計メーカー「タニタ」が、ランニング歴のある378人に調査したところ、こんな結果が出た。

 いつでもどこでもでき、体全体を使い、短時間で高いエネルギー消費ができるランニングは、忙しいサラリーマンにうってつけ。せっかく始めたのなら、続けたい。米スポーツ医学会認定ヘルスフィットネススペシャリストの中野ジェームズ修一氏は、自身もフルマラソン3時間切り(サブスリー)を目指すランナー。継続のための秘訣を次に挙げてくれた。

(1)1回で終わりにしない

 1回走って体重計に乗ったが、何の変化もなく、失望する……。こういう人は結構いる。

「体重の減少、筋肉量の増加は、走り出して2~3カ月経たないと見られません。しかし、心肺機能の向上は、比較的すぐに実感できます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る