スーパームーンで星空が注目 「88星座」いくつ知ってますか?

公開日:  更新日:

 夜空を眺める習慣がない人でも、28日のスーパームーンは観賞したのでは? その際、いくつかの星座に気付いただろうか。今は夏の星座と秋の星座が見える時季である。

 星空を眺めていると天空には無数の星座があるように感じるが、その数は「88」と決まっている。1930(昭和5)年に国際天文学連合が定め、それぞれにラテン語の学名を付けた。それを日本語で表したのが《別表》だ。

 国立天文台天文情報センター・広報普及員の石崎昌春氏が言う。

「日本でも88の星座をそのまま採用し、さそり座やふたご座などの普通名詞は日本語に翻訳して、神話の人物名のオリオン座やケンタウルス座といった固有名詞はラテン名の通りにしました。正式な呼び方や書き方が決まったのは昭和49年です。文部省(当時)の学術用語集の『天文学編』の中で、それまでは馭者座や獅子座など漢字書きも一般的だったものを、ひらがなとカタカナで表記することになりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る