17字の創作に希望見いだす 若者がハマる新しい俳句の魅力

公開日: 更新日:

 大手の専門誌が次々と休刊し「文学」は日の目を見ないジャンルになってきている……と思いきや。最近、20~30代の若者を中心に「俳句」が人気になっているという。

■チケットは即ソールドアウト

 そんな現状を垣間見られるのが、全国各地で開催されている公開句会ライブ「東京マッハ」である。登壇者となる俳人や小説家らが作ってきた俳句について観客が無記名で投票、得点を集計した上で壇上トークが繰り広げられるというイベントだ。レギュラーメンバーである俳人の堀本裕樹氏は「紀伊國屋サザンシアター(新宿)で開催したときは350人ほどのお客さまに来ていただきました。客層は年配の方も含め20~40代が多いですね」と言う。

 チケットも発売と同時にほぼソールドアウトになってしまうという人気イベント。堀本氏は「テレビのバラエティー番組で芸能人が俳句を作るコーナーがあるのも影響していると思います。ただ、世界で最も短い詩といわれる俳句は、誰でも気軽に始めやすい。それもいいのではないでしょうか」と分析する。自身が主宰する「いるか句会」などの句会も30~40代が中心となっているとのこと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る