• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

17字の創作に希望見いだす 若者がハマる新しい俳句の魅力

 大手の専門誌が次々と休刊し「文学」は日の目を見ないジャンルになってきている……と思いきや。最近、20~30代の若者を中心に「俳句」が人気になっているという。

■チケットは即ソールドアウト

 そんな現状を垣間見られるのが、全国各地で開催されている公開句会ライブ「東京マッハ」である。登壇者となる俳人や小説家らが作ってきた俳句について観客が無記名で投票、得点を集計した上で壇上トークが繰り広げられるというイベントだ。レギュラーメンバーである俳人の堀本裕樹氏は「紀伊國屋サザンシアター(新宿)で開催したときは350人ほどのお客さまに来ていただきました。客層は年配の方も含め20~40代が多いですね」と言う。

 チケットも発売と同時にほぼソールドアウトになってしまうという人気イベント。堀本氏は「テレビのバラエティー番組で芸能人が俳句を作るコーナーがあるのも影響していると思います。ただ、世界で最も短い詩といわれる俳句は、誰でも気軽に始めやすい。それもいいのではないでしょうか」と分析する。自身が主宰する「いるか句会」などの句会も30~40代が中心となっているとのこと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る