17字の創作に希望見いだす 若者がハマる新しい俳句の魅力

公開日:  更新日:

 大手の専門誌が次々と休刊し「文学」は日の目を見ないジャンルになってきている……と思いきや。最近、20~30代の若者を中心に「俳句」が人気になっているという。

■チケットは即ソールドアウト

 そんな現状を垣間見られるのが、全国各地で開催されている公開句会ライブ「東京マッハ」である。登壇者となる俳人や小説家らが作ってきた俳句について観客が無記名で投票、得点を集計した上で壇上トークが繰り広げられるというイベントだ。レギュラーメンバーである俳人の堀本裕樹氏は「紀伊國屋サザンシアター(新宿)で開催したときは350人ほどのお客さまに来ていただきました。客層は年配の方も含め20~40代が多いですね」と言う。

 チケットも発売と同時にほぼソールドアウトになってしまうという人気イベント。堀本氏は「テレビのバラエティー番組で芸能人が俳句を作るコーナーがあるのも影響していると思います。ただ、世界で最も短い詩といわれる俳句は、誰でも気軽に始めやすい。それもいいのではないでしょうか」と分析する。自身が主宰する「いるか句会」などの句会も30~40代が中心となっているとのこと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る