「スマホより6分間読書」 精神科医が薦めるリラックス術

公開日: 更新日:

 毎日の満員電車、職場では上司にドヤされたり部下が思うように動かなかったり……、ストレスの多い現代社会。ジメジメした季節にはなおさら憂鬱が増すが、そんなイライラ、モヤモヤをスッキリさせる方法があるという。それが、短時間読書だ。

 イギリスのサセックス大学による実験では、「読書」によって見られるストレス軽減効果は68%だったという。「音楽視聴」は61%、「コーヒー」は54%、「散歩」は42%となっており、いずれも読書にはかなわない結果に。

 精神科医の樺沢紫苑氏はこう言う。

「実験では被験者にパズルをやらせるなどで、あらかじめストレスをかけて、その後、それぞれの行為でどのように脳がリラックスしていくか、つまり副交感神経が優位になっていくかを調査していました。その結果、読書ではスタートしてから6分後に、ストレスがかかって交感神経が優位になっていた状態から、副交感神経優位に切り替わっていくということがわかったそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  7. 7

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

  10. 10

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る