神原サリー
著者のコラム一覧
神原サリー家電コンシェルジュ

家電メーカーの新商品発表会見では不明点を徹底的に最後の1人になるまで質問する。また〝使って試す〟がモットー。事務所の家電アトリエには、掃除機、炊飯器、電子レンジなど新商品がズラリと並ぶ。顧客視点に立った解説は分かり易く、情緒的な表現も消費者の共感を呼んでいる。生活家電のみならず、美容や健康家電にも強い。テレビや雑誌出演も多く、業界で最も注目される一人。

あの超人気の土鍋が4年の歳月をかけて電気釜に変身!

公開日: 更新日:

かまどさん電気(長谷園×シロカ)

 累計80万台以上販売され、有名な料亭や割烹でも愛されている伊賀焼の炊飯土鍋「かまどさん」をご存じですか?

 これを電気釜にしてしまったのが、今回ご紹介する「かまどさん電気」。伊賀焼の窯元「長谷園」と新進気鋭の家電メーカー「シロカ」がタッグを組み、4年の歳月をかけて開発、今年3月にようやく発売となりました。

 じんわりとムラなく熱を伝え、炊飯後も必要に応じて呼吸することで土鍋内の水分を調節できる“本物の土鍋”を家電にするのは、かなり大変だったようですが、さすがの仕上がり。一粒一粒がふっくらとしていて、口の中に入れるとふんわり軽く、粒感がちゃんとあるのに、ほろほろと口の中でほぐれていく。そして噛むほどに粘りが出て、甘いのです。

 おいしく炊けるだけではなく、内釜をおひつとして食卓に置き、家族みんなでご飯を囲めるのもこの炊飯器ならではのステキなところ。黒く、どっしりとした姿は、どんなインテリアにも不思議とマッチして美しい。ごはんの水分を吸ったり、戻したりして呼吸する伊賀焼の土鍋だから、一晩経ってもパサつかず、ふんわりとおいしさを保ってくれるんですよ。

 キッチンがガスではなくてIHだから「かまどさん」を使えないと諦めていたご家庭にも朗報! 特製の手ぬぐいやシリコーン製の鍋敷きなど、付属品も充実しています。

※価格=7万9800円(税別、ビックカメラ新宿西口店調べ。16日現在)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

  10. 10

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

もっと見る