柳亭こみちさん<5>人生の醍醐味は人と触れ合うこと

公開日:

 会社を辞めて落語家になる――。そんな娘の話を、教師だった母親はすんなり受け入れた。

「母親は、父親が俳優(名脇役で知られた谷晃さん)でしたし、本人も学校行事になると頑張るタイプだったので、『愛(本名)らしい生き方ができるね』と喜んでくれました。ただ、大学の職員をしていた父親は、『人前で笑われることの何が楽しいのか、お父さんはさっぱり分からない』と。新潟の田舎に生まれて、地道に生きてきた人ですから、『気でもふれたのか』と驚かれました」

 入門のハードルも高かった。師匠となる柳亭燕路さんからは、「ボクは、落語は男がやるもんだと考えている最たる人間です」と言われた。それでもこみちさんはめげなかった。0歳のころから現在まで、自分はどのように生きてきたかをまとめ、手紙にしたためて、「弟子にしてください」と頭を下げ続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る