柳亭こみちさん<5>人生の醍醐味は人と触れ合うこと

公開日: 更新日:

 会社を辞めて落語家になる――。そんな娘の話を、教師だった母親はすんなり受け入れた。

「母親は、父親が俳優(名脇役で知られた谷晃さん)でしたし、本人も学校行事になると頑張るタイプだったので、『愛(本名)らしい生き方ができるね』と喜んでくれました。ただ、大学の職員をしていた父親は、『人前で笑われることの何が楽しいのか、お父さんはさっぱり分からない』と。新潟の田舎に生まれて、地道に生きてきた人ですから、『気でもふれたのか』と驚かれました」

 入門のハードルも高かった。師匠となる柳亭燕路さんからは、「ボクは、落語は男がやるもんだと考えている最たる人間です」と言われた。それでもこみちさんはめげなかった。0歳のころから現在まで、自分はどのように生きてきたかをまとめ、手紙にしたためて、「弟子にしてください」と頭を下げ続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  6. 6

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る