植草美幸
著者のコラム一覧
植草美幸

 2009年から結婚相談所マリーミーをスタート。成婚率は80%と非常に高く、2日に1組を結婚に導いている。テレビやラジオなどの出演も多数。4月21日には、最新著書「男の婚活は会話が8割」(青春出版社)を発売予定。

別れないために…結婚前に確認しておくべき6つのポイント

公開日:

 婚約までたどりついても、気は抜けません。ふとしたキッカケで破談になるカップルは、少なくないからです。その大きな原因が「両親」の存在です。

 結婚に向けて、披露宴や新居について話し合う時に「僕の母親はこう言っている」とか「親父に聞いてみないと分からないな」という発言をする男性は多い。優先すべきは、妻となる女性の気持ち。添い遂げるのは親ではなく配偶者ですから、結婚前から不愉快な思いをさせれば、その後の結婚生活はうまくいきません。もっとも、親から率先して介入するのはタブー。アドバイスを求められない限り、結婚するカップルの意思を尊重してくださいね。

 過去の女性の話をすることもお勧めしません。結婚が決まり浮かれて、「前の彼女と破談してよかった。君に会えたからね」と言う男性がいます。それを聞かされた女性は、なぜ別れたのかや、本当に関係は切れているのかなど、よからぬ推測をしてしまうもの。後々引きずることがあるので、たとえ、学生時代の思い出話だとしても、元カノの話題はしないことをお勧めします。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る