• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2017年、旭日小綬章受章。

下品な話を夢のような物語に替えたディズニーのシンデレラ

 前回の当欄で、世界中の人びとが悲劇を受け入れられなくなっていることについて取り上げた。戦争によって、どれだけ多くの人たちがどんな犠牲を強いられたのかを伝えようとしても、「そんな重い話は聞きたくない」という人たちが増えている。それを僕は「ディズニー現象」と呼んでいるんだけど、ディズニーが作り出したストーリーによって、みんなが「世界は美しいモノで満たされている」という“まやかし”に支配されてしまった。これは危険なことだよ。

 たとえばシンデレラはシャルル・ペローの原作を読めば分かるけど、とても下品な話なんだ。舞踏会に参加した王子が、残された「ガラスの靴」を頼りに女性を捜す話にされているけど、原作の靴はガラスではないし、周りに毛まで生えている。つまり、この靴は女性器の象徴なんだ。そこに足を入れるのはセックスにほかならない。

 しかも、その靴は小さくて、ほかに入る人が見つからないのだから、いわゆる名器ということになる。中国の纏足もそうだけど、足が小さい女性はあそこも小さいと考えられていたんだね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る