三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2017年、旭日小綬章受章。

下品な話を夢のような物語に替えたディズニーのシンデレラ

公開日:

 前回の当欄で、世界中の人びとが悲劇を受け入れられなくなっていることについて取り上げた。戦争によって、どれだけ多くの人たちがどんな犠牲を強いられたのかを伝えようとしても、「そんな重い話は聞きたくない」という人たちが増えている。それを僕は「ディズニー現象」と呼んでいるんだけど、ディズニーが作り出したストーリーによって、みんなが「世界は美しいモノで満たされている」という“まやかし”に支配されてしまった。これは危険なことだよ。

 たとえばシンデレラはシャルル・ペローの原作を読めば分かるけど、とても下品な話なんだ。舞踏会に参加した王子が、残された「ガラスの靴」を頼りに女性を捜す話にされているけど、原作の靴はガラスではないし、周りに毛まで生えている。つまり、この靴は女性器の象徴なんだ。そこに足を入れるのはセックスにほかならない。

 しかも、その靴は小さくて、ほかに入る人が見つからないのだから、いわゆる名器ということになる。中国の纏足もそうだけど、足が小さい女性はあそこも小さいと考えられていたんだね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る