バルバッコアなど展開 ワンダーテーブル秋元巳智雄社長<1>

公開日: 更新日:

店舗調理だからこその充実生肉

 生肉の提供に力を入れていることは、メニューを見れば一目瞭然です。ユッケは卵と甘いタレを混ぜて食べるのが一般的ですが、タレを使わない「塩ユッケ」(1870円、小は950円)があります。肉の鮮度とおいしさに自信があればこその一品でしょう。

 新基準導入から7年、最近はユッケを提供する店が増えていますが、パックユッケでの提供が少なくありません。パックは、店舗ではなく、業者から仕入れているからです。でも、こちらの店は店舗独自で認可を受けているので、店で調理されたものが、丸い器に盛られて提供されます。

 なぜパックユッケが少なくないかというと、狭い厨房で生食用のためだけのスペースを確保できないから。逆にいうと、この店はそれだけのスペースを確保しているということ。そこがすごい。だから、ユッケ以外にもカルパッチョ(1470円)やにぎり(1貫400円)と生肉メニューが充実しています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  2. 2

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  3. 3

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    楽天⇔ロッテ名簿交換 プロテクト漏れが噂される意外な2人

  9. 9

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  10. 10

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る