林家ぺーさん 甘口をより甘くしたカレーとキンピラゴボウ

公開日:

 お母ちゃんは大正9(1920)年生まれで群馬県伊勢崎市の近くの出身です。その頃、田舎では今では考えられないくらい子だくさんが当たり前。母もやはり8人きょうだいの4番目、三女として生まれました。縁あってお見合いで20歳になる前に、大阪・日本橋で商売をしていた親父に嫁いだんです。

 親父はコッテコテの大阪人。吉本新喜劇に出てくるような典型的なナンバの商売人って感じの人で、「あほんだら、何言うてんねん」が口癖。横山やすし師匠のイメージっていうと、わかりやすいかな。飲んべえで気難しい人でね、しかも、当時お母ちゃんの周りには友達はおろか、親戚もいなかったんですよ。気質も言葉も習慣も違うし、食べ物は料理の味付けも違う。本当に苦労したと思いますよ。

 そんな母がよく作ってくれたのがカレーライスとキンピラゴボウ。僕は今もそうだけど、とにかく辛いのがダメでね。カレーは甘口のルーをさらに甘くしたぐらいがちょうどよくて、キンピラには鷹の爪を入れないんですよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る