腕時計はステータスと人間性を語る…TPOに即した選び方を

公開日: 更新日:

 スマホで時間が読める時代だからこそ、腕時計は男のステータスを表現する装飾品としての価値がある。複雑な機械式時計はマニアだけのものではなく、宝飾時計は富をひけらかすための道具ではない。男の収入と社会的地位、モノの考え方や立場など、さまざまな側面が腕時計には表れる。

 たとえば、革ベルトの2針または3針式のシンプルな腕時計をしている人は、エレガントで上品な立ち居振る舞いができる人に違いない。フォーマルなシーンでは、黒または茶のカーフベルトに白文字盤のアナログ式時計がふさわしいことを知っているだろう。しかし、革ベルトは、夏場に汗で蒸れて少々困ることもある。ゆえに消耗品と割り切って、適度に交換すべきものだ。

 ステンレスブレスレットの腕時計は本来、スポーツウオッチの領域にある。耐久性に優れ、水洗いできるので清潔感もあり便利だが、真の高級時計とはいえない。ロレックスやオメガなど、一流ブランドも採用し、ビジネススタイルには適当なものの、あくまで普及版としてのスタンダードクラスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    TVタックル主題歌で注目 東野純直さんはラーメン屋店主に

  9. 9

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る