腕時計はステータスと人間性を語る…TPOに即した選び方を

公開日: 更新日:

 スマホで時間が読める時代だからこそ、腕時計は男のステータスを表現する装飾品としての価値がある。複雑な機械式時計はマニアだけのものではなく、宝飾時計は富をひけらかすための道具ではない。男の収入と社会的地位、モノの考え方や立場など、さまざまな側面が腕時計には表れる。

 たとえば、革ベルトの2針または3針式のシンプルな腕時計をしている人は、エレガントで上品な立ち居振る舞いができる人に違いない。フォーマルなシーンでは、黒または茶のカーフベルトに白文字盤のアナログ式時計がふさわしいことを知っているだろう。しかし、革ベルトは、夏場に汗で蒸れて少々困ることもある。ゆえに消耗品と割り切って、適度に交換すべきものだ。

 ステンレスブレスレットの腕時計は本来、スポーツウオッチの領域にある。耐久性に優れ、水洗いできるので清潔感もあり便利だが、真の高級時計とはいえない。ロレックスやオメガなど、一流ブランドも採用し、ビジネススタイルには適当なものの、あくまで普及版としてのスタンダードクラスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  7. 7

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  8. 8

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  9. 9

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る