工藤広伸
著者のコラム一覧
工藤広伸介護作家・ブロガー

1972年生まれ。既婚。介護ブログ「40歳からの遠距離介護」を執筆中。40歳で祖母と母のダブル介護。2度の介護離職を経験。著書に「認知症介護で倒れないための55の心得」(廣済堂出版)など。最新著の「ムリなくできる親の介護」(日本実業出版社)が絶賛発売中。

遠距離介護は効率重視で 帰省中のスケジュールは分刻み

公開日: 更新日:

④ 日常生活に必要なこと。シーツの洗濯、布団干し、トイレ掃除(排泄物関係は岩手県在住の妹もカバー)

 もしサラリーマンなら、これを週末の2泊3日や3泊4日で済ませなければならない。

「仕事の関係で、1泊2日で帰京しなければならなくなったサラリーマン時代のことです。母の髪の毛を洗い、入れ歯を洗浄し、掃除などを済ませましたが、母が好きなもの、例えば柿や漬物、ちくわ、アイスクリームも揃えなくてはいけません。タイムリミットは盛岡駅までのバスが出る午前10時45分でした。地方なのでスーパーは9時30分から。自転車を飛ばして買い出しへ。

 その帰り道、歯医者の前を通過し、着信履歴があったことを思い出して受付へ。『お母さまから電話があり、日程をずらして欲しいと言われまして』とのことでした。この歯医者さんは母が認知症だとわかっているのですが、あまりに普通に話すものだから、『日程をずらした』のだと言います。そこで『元に戻してください』と修正。猛ダッシュで自宅に到着したのが9時50分です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  5. 5

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  6. 6

    「桜を見る会」名簿 内閣府主張の“1年未満保存”に重大疑義

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    五輪開催20年度の改革は下村元文科相「公言」で既定路線化

  9. 9

    堀北真希に待望の復帰情報 “イクメン夫”山本耕史が後押し

  10. 10

    事務所“期待の星”岡田健史は堀北&桐谷の穴を埋められるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る