幅10mの室内を往復し続け61km完走の「鉄の男」に称賛の声

公開日: 更新日:

「外出禁止だからって、運動しないのはダメ!」

 新型コロナウイルスの急速な感染拡大で3月13日、全土に非常事態宣言が出されたスペインで、ある男性の“偉業”に称賛の声が上がっている。

 スペインのスポーツ紙「ムンド・デポルティーボ」(3月17日付電子版)などによると、ガルシア州に住むハビエル・カストロベルデさん(43)は3月16日、長さ10メートルほどの自宅のリビング内で行ったり来たりを延々と往復するランニングをスタートした。目標は61キロ。そして約10時間で見事に完走したのだ。

 ハビエルさんはトライアスロンの選手。外出しなくても運動ができるということを証明するために、この挑戦を行ったという。

 ハビエルさんのフルマラソンのタイムは2時間40分というから、10メートルの部屋の往復がいかにスピードが出せない、ダルい繰り返しであるがかが分かる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る