奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

▽おくの・しゅうじ 1948年、大阪府生まれ。「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で講談社ノンフィクション賞(05年)、大宅壮一ノンフィクション賞(06年)を受賞。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「本当は危ない国産食品 」(新潮新書)がある。

「国産=安全」ではない 安心を求めるなら有機の農作物を

公開日: 更新日:

 農薬の危険性を避けるためには、有機農産物を食べるしかないと分かったが、ではどこで買えばいいのだろう。手っ取り早いのは、この連載の冒頭でも述べたように、ネットを利用することだ。

■ネットで探しやすく買いやすくなっている

 オンラインショップでも、「オイシックス・ラ・大地」のように農家が作った有機野菜などを宅配する会社や「食べチョク」のように、有機野菜を作る農家と消費者を仲介するサイトもある。

 アメリカなどでは、ファーマーズマーケットといって、朝市のようなところで有機野菜を購入しているが、最近は日本でも有機野菜を販売する「マルシェ(市場)」が増えている。また新型コロナウイルスの感染拡大で、オンラインショップに力を入れている農家も増えてきた。例えば、耕さず(不耕起)、鶏糞や牛糞も使わない自然栽培で知られた北海道洞爺湖の佐々木ファームもそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る