100万円相当を盗まれた建設会社社長が“犯人”を雇ったワケ

公開日: 更新日:

 ハワイで建設会社を家族で営むジョン・ポール・ケイツさんはここ半年で2回盗難に遭い、建設現場から計1万ドル(約100万円)相当の建設機材を盗まれた。

 1回目の盗難の後、ジョンさんはモーションセンサー付きの監視カメラを設置。そして今年1月25日、再び建設機材が盗まれた。カメラは容疑者の姿をとらえていた。

「許さん!絶対に捕まえてやる」

 激怒したジョンさんは監視カメラの動画から容疑者の手配書を作成。1000ドルの懸賞金をかけ、地域コミュニティーのSNSに投稿した。

 コトは意外な展開をみせた。

 2回目の事件から3日後の1月28日、上半身裸のホームレスの男が盗難現場に現れた。そして従業員に「実はここにあったものを盗んだ。良心の呵責に耐えかねて謝りにきた」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

もっと見る