1都3県宣言解除は到底ムリ…千葉が「4指標」でワースト1位

公開日: 更新日:

「最後は私が内閣総理大臣として判断する」――。菅首相は1日の衆院予算委員会で、1都3県の緊急事態宣言の解除について決意を表明。予定通り、今月7日に解除するつもりでいる。しかし、解除ありきの決断は危険だ。

 全国の新規感染者数が減ってきていることは間違いない。2月21~28日の全国の新規感染者数は、1日当たり平均1012人。第3波が本格化し始めた昨年11月初旬(3~9日)とほぼ同じだ。

 しかし、感染者数以外の数字を見ると、とても宣言を解除できる状況ではない。実際、1都3県の知事からは「(感染状況が)現状か悪化するなら解除は難しい」(森田健作千葉県知事)、「解除できるという確信に至っていない」(大野元裕埼玉県知事)などの“慎重論”が噴出している。数字を見れば、それも当然だ。

 厚労省の「都道府県の医療提供体制等の状況」を基に、1都3県の11月(同6日公表、上段)と現在(2月26日公表、下段)の比較表を作成した。「新規感染者数の前週比」は11月よりも改善しているが、「病床使用率」も「療養者数」も軒並み悪化。「10万人当たりの新規感染者数」は、1都3県とも「ステージ3」(感染者の急増)を脱しているとはいえ、11月に比べて2~3.5倍増えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る