• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ユニクロだけじゃない 「錦織銘柄」ソニーも驀進のワケは?

 全米オープンでベスト4に進出した錦織圭選手は、株式市場も賑わせている。

「最近の市場の材料は、デング熱や地政学的リスクなど暗いものばかりでしたが、久しぶりに明るいニュースがテーマになった。相場を盛り上げる好材料です」(株式評論家の杉村富生氏)

 錦織とスポンサー契約するユニクロ(ファーストリテイリング)は、このところ上値が重かったが、ベスト4進出を決めた後、6月下旬以来となる3万4000円台に乗せた。錦織が試合中に口にする「ウイダーinゼリー」の森永製菓や、試合中継のWOWOWも注目だ。

「スポンサー契約を結んでいる日清食品や、CMに出演しているジャックスも人気化しています。ちょっと意外なところでは、錦織選手を育てた『テニス基金』絡みでしょう。ソニー出身の盛田正明元副社長が私財で設立した基金ですが、正明氏は創業者・盛田昭夫の実弟。関連株としてソニーに脚光が集まっています」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る