Sトラック女子リレー 心配されるチーム内の“不協和音”

公開日:  更新日:

 メダル候補が自滅しかねない。ショートトラック女子のリレーチームのことだ。

 20日はエースの酒井裕唯(26)ら代表3選手が母校である早大の壮行会に出席。応援団やチアリーダーらの激励を受けた。

 昨季のW杯で日本人初の個人総合優勝を果たした酒井は、「前回は出るだけで満足してしまった。可能性のある(3000メートル)リレーと個人でメダルを狙っていきたい」と500メートルで予選敗退したバンクーバー五輪の雪辱を誓った。

 ショートトラック女子の日本勢は今季、W杯上海大会で3000メートルリレーで2位に入るなど4戦連続表彰台に立った。ここにきて、強豪中国のエースである王濛(28)が練習中に右足首を骨折したこともあり、日本勢はリレーでメダル候補に挙げられている。リレーでのメダル獲得となれば史上初の快挙とはいえ、チーム内から不協和音が聞こえてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る