これでは宝の持ち腐れ…C大阪フォルランの敵は身内にいる

公開日:  更新日:

 鳴り物入りでC大阪入りしたディエゴ・フォルラン(34)。世界ランク7位ウルグアイの現役代表FWにして10年南アW杯の得点王&MVPである。正真正銘のスーパースター来日に話題沸騰。チームメートの日本代表FW柿谷曜一朗(24)人気も手伝い、1日の広島とのJリーグ開幕戦のスタンドは、3万7079人の観客で埋まった。

 もっとも、見せ場はほとんどなし。広島相手に後手を踏み、地元サポーターの前で0―1の完封負けを食らった。
「C大阪は根源的な問題をはらんでいる。新指揮官ポポビッチのヘボ戦術では、フォルランの持ち味を生かすことはできません」(サッカー記者)

 ポポビッチは、昨季まで指揮を執っていたFC東京で「ポゼッション(ボール支配率)にこだわるだけの監督」とボロクソに言われていた。

 C大阪の練習でも「ボールをつなげ」の指示ばかり。広島戦でも横パスやバックパスばかりが目に付き、ゴールを予感させるような場面は皆無だった。サッカージャーナリスト・六川亨氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る