これでは宝の持ち腐れ…C大阪フォルランの敵は身内にいる

公開日:  更新日:

 鳴り物入りでC大阪入りしたディエゴ・フォルラン(34)。世界ランク7位ウルグアイの現役代表FWにして10年南アW杯の得点王&MVPである。正真正銘のスーパースター来日に話題沸騰。チームメートの日本代表FW柿谷曜一朗(24)人気も手伝い、1日の広島とのJリーグ開幕戦のスタンドは、3万7079人の観客で埋まった。

 もっとも、見せ場はほとんどなし。広島相手に後手を踏み、地元サポーターの前で0―1の完封負けを食らった。
「C大阪は根源的な問題をはらんでいる。新指揮官ポポビッチのヘボ戦術では、フォルランの持ち味を生かすことはできません」(サッカー記者)

 ポポビッチは、昨季まで指揮を執っていたFC東京で「ポゼッション(ボール支配率)にこだわるだけの監督」とボロクソに言われていた。

 C大阪の練習でも「ボールをつなげ」の指示ばかり。広島戦でも横パスやバックパスばかりが目に付き、ゴールを予感させるような場面は皆無だった。サッカージャーナリスト・六川亨氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る