2軍戦視察…ゴジラ松井は教え子たちの「その後」が心配

公開日: 更新日:

 春のキャンプで巨人の臨時コーチを務めた松井秀喜が1日、川崎市にあるジャイアンツ球場を訪れ、ファームの巨人対日本ハム戦を視察した。

「(来たのは)2002年以来かな。この辺りはだいぶ環境が変わったし、すごく奇麗になったよね」

 周囲を見渡しながらこう言った松井は、試合中に訪れ、バックネット裏から観戦。試合が終わる前に球場を引き揚げたため、選手と直接、話をする機会はなかったものの、宮崎で教えた6年目の大田泰示(23)や7年目の中井大介(24)らの「その後」が気になったのだろう。

「キャンプで見た選手もいたしね。キャンプからの変化? 1試合だけじゃ分からないけど、元気でやってるなと。一打席一打席を大切に日々、頑張って欲しいです」と話して球場を後にした。

 例えば大田は3月31日現在、19打数6安打の打率3割1分6厘。ファームとはいえ、コンスタントに安打を放っている。

 宮崎で教えた若手たちが少しずつでも成長していれば、松井も教えたかいがあったというもの─―。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  8. 8

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  9. 9

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る