2軍戦視察…ゴジラ松井は教え子たちの「その後」が心配

公開日:  更新日:

 春のキャンプで巨人の臨時コーチを務めた松井秀喜が1日、川崎市にあるジャイアンツ球場を訪れ、ファームの巨人対日本ハム戦を視察した。

「(来たのは)2002年以来かな。この辺りはだいぶ環境が変わったし、すごく奇麗になったよね」

 周囲を見渡しながらこう言った松井は、試合中に訪れ、バックネット裏から観戦。試合が終わる前に球場を引き揚げたため、選手と直接、話をする機会はなかったものの、宮崎で教えた6年目の大田泰示(23)や7年目の中井大介(24)らの「その後」が気になったのだろう。

「キャンプで見た選手もいたしね。キャンプからの変化? 1試合だけじゃ分からないけど、元気でやってるなと。一打席一打席を大切に日々、頑張って欲しいです」と話して球場を後にした。

 例えば大田は3月31日現在、19打数6安打の打率3割1分6厘。ファームとはいえ、コンスタントに安打を放っている。

 宮崎で教えた若手たちが少しずつでも成長していれば、松井も教えたかいがあったというもの─―。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る