日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

グリップエンドを飛球線後方に向ける

 野球のバッティングに「ドアスイング」という言葉がある。バットを振るときに腕(ひじ)とバットを伸ばしてしまって手が体から離れ、バットの先が遠回りする悪いスイングのこと。

 これはゴルフスイングにもいえることで、ボールにヘッドを早く戻そうとしてダウンスイングで右ひじと手首を伸ばしてしまうとドアスイングになる。そうすると手首のコックがほどけてしまうのでクラブヘッドは遠回りする。ヘッドをためてくることができないので、ボールを遠くに飛ばすこともできない。

 右ひじと右手首を曲げたまま体の近くに振り下ろしてくるのは、「左手をかぶせたフックグリップで、左ひじより右ひじを内側に構えるように」と、昔、杉本英世プロによく教わった。

 そして左手の甲をななめ上に向けるようにして、グリップエンドを目標線の後方に向けるようにしてバックスイングする。そうすると手首のコックを意識しなくても左手首は親指の付け根側に曲がり、右ひじを体の近くで下に向けたままバックスイングできるというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事