秋山監督には実績…CSで冴えた和田采配 「頂上決戦」の課題

公開日:  更新日:

 阪神和田監督とソフトバンク秋山監督。ともに52歳の2人だが、日本シリーズの「実績」には大差がある。

 阪神一筋の和田監督はプロ入りした85年に日本一になっているが、自身はシリーズに出場していない。03、05年はいずれも打撃コーチだった。

 一方の秋山監督は現役時代、西武、ダイエーで日本シリーズに10度出場し日本一7度。MVPにも2度選ばれている。3年前には、ソフトバンク監督としても頂点に立った。

 巨人のV9戦士で、西武、ダイエーのコーチ時代に「秋山選手」を見てきた黒江透修氏は、「やはり日本シリーズは経験値の差が大きい」と言ってこう続ける。

「日本シリーズの戦い方についてはいろいろ言われているが、ひとつはラッキーボーイを探すこと。好調かつ運を持っている選手が打順の下位なら、上位にあげる。例えば、ソフトバンクはホームゲームで松中を代打で使って逆転勝ちでも収めたら、ベンチもスタンドも盛り上がる。結果が出たら翌日はすぐにDHで使うべきです。先発や中継ぎ投手も、『コレ』はと思う選手は出場機会を増やす。逆に、主力でも不調なら思い切って外す。口で言うのは簡単だが、多くの監督は非情になれない。クライマックスシリーズで阪神に4連敗した巨人の原監督も、ブレーキだった坂本を外せなかった。シリーズ経験の豊富な秋山監督は、いろんな監督の采配や選手起用を覚えているはずですから、それができると思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る