秋山監督には実績…CSで冴えた和田采配 「頂上決戦」の課題

公開日:  更新日:

 阪神和田監督とソフトバンク秋山監督。ともに52歳の2人だが、日本シリーズの「実績」には大差がある。

 阪神一筋の和田監督はプロ入りした85年に日本一になっているが、自身はシリーズに出場していない。03、05年はいずれも打撃コーチだった。

 一方の秋山監督は現役時代、西武、ダイエーで日本シリーズに10度出場し日本一7度。MVPにも2度選ばれている。3年前には、ソフトバンク監督としても頂点に立った。

 巨人のV9戦士で、西武、ダイエーのコーチ時代に「秋山選手」を見てきた黒江透修氏は、「やはり日本シリーズは経験値の差が大きい」と言ってこう続ける。

「日本シリーズの戦い方についてはいろいろ言われているが、ひとつはラッキーボーイを探すこと。好調かつ運を持っている選手が打順の下位なら、上位にあげる。例えば、ソフトバンクはホームゲームで松中を代打で使って逆転勝ちでも収めたら、ベンチもスタンドも盛り上がる。結果が出たら翌日はすぐにDHで使うべきです。先発や中継ぎ投手も、『コレ』はと思う選手は出場機会を増やす。逆に、主力でも不調なら思い切って外す。口で言うのは簡単だが、多くの監督は非情になれない。クライマックスシリーズで阪神に4連敗した巨人の原監督も、ブレーキだった坂本を外せなかった。シリーズ経験の豊富な秋山監督は、いろんな監督の采配や選手起用を覚えているはずですから、それができると思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る