秋山監督には実績…CSで冴えた和田采配 「頂上決戦」の課題

公開日: 更新日:

 阪神和田監督とソフトバンク秋山監督。ともに52歳の2人だが、日本シリーズの「実績」には大差がある。

 阪神一筋の和田監督はプロ入りした85年に日本一になっているが、自身はシリーズに出場していない。03、05年はいずれも打撃コーチだった。

 一方の秋山監督は現役時代、西武、ダイエーで日本シリーズに10度出場し日本一7度。MVPにも2度選ばれている。3年前には、ソフトバンク監督としても頂点に立った。

 巨人のV9戦士で、西武、ダイエーのコーチ時代に「秋山選手」を見てきた黒江透修氏は、「やはり日本シリーズは経験値の差が大きい」と言ってこう続ける。

「日本シリーズの戦い方についてはいろいろ言われているが、ひとつはラッキーボーイを探すこと。好調かつ運を持っている選手が打順の下位なら、上位にあげる。例えば、ソフトバンクはホームゲームで松中を代打で使って逆転勝ちでも収めたら、ベンチもスタンドも盛り上がる。結果が出たら翌日はすぐにDHで使うべきです。先発や中継ぎ投手も、『コレ』はと思う選手は出場機会を増やす。逆に、主力でも不調なら思い切って外す。口で言うのは簡単だが、多くの監督は非情になれない。クライマックスシリーズで阪神に4連敗した巨人の原監督も、ブレーキだった坂本を外せなかった。シリーズ経験の豊富な秋山監督は、いろんな監督の采配や選手起用を覚えているはずですから、それができると思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  4. 4

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  5. 5

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  6. 6

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  7. 7

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

  8. 8

    理想の打順を「1番から9番までイチロー」と答えた野村監督

  9. 9

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  10. 10

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る