フィギュアGPシリーズ 今井遥の惨敗で高まる「真央待望論」

公開日: 更新日:

 26日、今井遥(21)が米シカゴで行われたフィギュアスケートGPシリーズ第1戦のフリーに出場。前日のショートで8位と出遅れたのを巻き返せず、7位止まり。かろうじて入賞したものの、総合8位に終わった。

「全然(リンクで)スピードに乗れなかった。もっといい演技ができるようにしたい」

 そう言って肩を落とした今井は自身GPシリーズ4季目となる今季は初の表彰台が期待されていた。その初戦で力不足を露呈。本人だけじゃなくスケート連盟関係者も頭が痛いだろうが、 この「惨敗」をほくそ笑んでいる連中がいるという。

 テレビ局関係者によれば、「連盟側にとっては今井だけでなく次戦のスケートカナダ(31日~)に出場予定の宮原にも負けてもらったほうが都合がいいかもしれません」とこう続けるのだ。

■連盟とテレビ局の思惑は一致

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  6. 6

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  7. 7

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  8. 8

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  9. 9

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  10. 10

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る