フィギュアGPシリーズ 今井遥の惨敗で高まる「真央待望論」

公開日: 更新日:

 26日、今井遥(21)が米シカゴで行われたフィギュアスケートGPシリーズ第1戦のフリーに出場。前日のショートで8位と出遅れたのを巻き返せず、7位止まり。かろうじて入賞したものの、総合8位に終わった。

「全然(リンクで)スピードに乗れなかった。もっといい演技ができるようにしたい」

 そう言って肩を落とした今井は自身GPシリーズ4季目となる今季は初の表彰台が期待されていた。その初戦で力不足を露呈。本人だけじゃなくスケート連盟関係者も頭が痛いだろうが、 この「惨敗」をほくそ笑んでいる連中がいるという。

 テレビ局関係者によれば、「連盟側にとっては今井だけでなく次戦のスケートカナダ(31日~)に出場予定の宮原にも負けてもらったほうが都合がいいかもしれません」とこう続けるのだ。

■連盟とテレビ局の思惑は一致

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る