フェレール撃破で錦織ベスト4 準決勝はジョコビッチ濃厚 

公開日:  更新日:

 またひとつ扉を開けた。

 男子テニスの錦織圭(24=世界ランク5位)は13日、年間成績上位8人による今季最終戦「ATPツアー・ファイナル」(ロンドン・O2アリーナ)1次リーグB組最終戦で、補欠のD・フェレール(スペイン・32=同10位)に4-6、6-4、6-1で逆転勝ち。B組2位で準決勝進出を決めた。B組1位は、同日A・マリー(27=同6位)を破って3連勝のR・フェデラー(33・スイス=同2位)。

 報道陣に驚きのニュースが飛び込んできたのは試合開始(現地13日14時=日本時間同23時)の90分前だった。この日錦織と対戦するはずだったM・ラオニッチ(23・カナダ=8位)が練習時間を10分残して引き揚げると、直後に緊急会見を行い「前のマリー戦の第1セットで痛めた。ベンチから立つだけで痛みがある。6~8週間の休養が必要と診断された。会見の10分前に棄権を決断した」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る