中止は収入減、決行なら故障リスク 広島黒田初登板に“暗雲”

公開日: 更新日:

 広島ファンも「雨にならなきゃいいけどね」ヤキモキしている。

 29日に予定されている広島・黒田博樹(40)の本拠地初登板。すでにチケットは完売御礼。当日、マツダスタジアムが真っ赤に染まることが確実だが、26日に発表された天気予報によると、広島の天気は雨のち晴れ。降水確率は70%と、なんともビミョーな予報になっているのだ。

 多少の雨なら試合は決行されるだろうが、まさかの中止になれば、約3万枚のチケットは払い戻し。売店収入も激減する。

 振り替え試合があるとはいえ、黒田の初登板は次のカードのDeNA戦(横浜)にスライドされる可能性が高い。しっかり稼げる初登板がお流れになっては大誤算だし、以後の先発日が平日に移れば、経済効果はガクッと低下するかもしれない。

「黒田はメジャーで、タフな状況でも投げる経験を積んでいる。向こうは雨が降ったら何時間でも待つし、延長戦も決着がつくまでやる。ヤンキース時代の13年には雨で試合が約1時間の中断となったものの、首脳陣の反対を振り切って続投を志願、勝ったこともある」と、放送関係者は力説するものの、黒田がいくらタフだといっても今年は不惑。水を吸ったグラウンドはただでさえ故障のリスクが高まる。雨中に無理をしてケガでもしたら、黒田フィーバーも24年ぶりの優勝もすべて水の泡。チームの士気にも影響する。

 球団もファンは、スッキリ晴天で黒田が投げられるよう、てるてる坊主をつるすしかないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る