優勝戦線に残留も…稀勢の里「初V」に相撲ファンは半信半疑

公開日:  更新日:

 大関が大関を破る――これを番狂わせと言ったら失礼かもしれないが、この男に関しては別だ。

 “日本人力士最強”の稀勢の里(29)が13日目(25日)に1敗の照ノ富士を下す、大番狂わせ。立ち合いから攻め立てると、防戦一方の相手を寄り倒した。この取組で全勝はおろか1敗力士すらいなくなり、3敗の稀勢の里も初めての賜杯に俄然近づいた。

 しかし悲しいかな、事ここに至っても多くの相撲ファンは「でも、どうせ負けるよ」と半信半疑なのだ。

 確かに稀勢の里は強い。

 10年には白鵬の連勝を63で止め、ファンに「日本人力士も捨てたもんじゃない」と期待を抱かせた。それが肝心な場面となるや、途端に腰の抜けたような相撲になる。これまで優勝争いに加わりながら、自滅した回数は数知れず。今場所も白鵬、日馬富士の2横綱が休場しながら、中盤にコケて3敗。“日本人力士最強”とは褒め言葉ではなく、「どうせモンゴル人には勝てない」という揶揄なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る