キャンプは金本カラー前面に…阪神「超改革」ここまで順調

公開日:  更新日:

 グラウンドに笑顔がはじけた。

 第1クール最終日の午後、ベテランや二軍から緊急昇格したペレスを除く一軍選手を5組に分けて、外野に設けられた1周約300メートルのコースでリレー競走が行われた。運動会でよく聞くBGMをバックに、抜きつ抜かれつのレースで2着までに入らなかった3つのグループは、2回目のレースを走り終えると「死にそう」と言いながら膝をガクガクさせたり、芝生の上にダウン。息も絶え絶えの選手たちを見て金本監督やコーチ、スタンドも大笑い。これまでの阪神キャンプでは見られない一幕だった。

 秋季キャンプでも1度だけ行われたこのリレー。今キャンプでは休日前の恒例メニューにするという。「超変革」をスローガンに掲げる新監督は、「厳しさと明るさ」のあるチームにしたい。金本カラーが出た練習メニューだった。

「超変革」といえば、ダメ虎改革を託されたかつての星野監督もそうだった。4年連続最下位のチームをガラリと変えるため、キャンプ初日からヘッドの島野さんが拡声器を使い選手を鼓舞し、皆、大声を出してユニホームも真っ黒だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る