キャンプは金本カラー前面に…阪神「超改革」ここまで順調

公開日: 更新日:

 グラウンドに笑顔がはじけた。

 第1クール最終日の午後、ベテランや二軍から緊急昇格したペレスを除く一軍選手を5組に分けて、外野に設けられた1周約300メートルのコースでリレー競走が行われた。運動会でよく聞くBGMをバックに、抜きつ抜かれつのレースで2着までに入らなかった3つのグループは、2回目のレースを走り終えると「死にそう」と言いながら膝をガクガクさせたり、芝生の上にダウン。息も絶え絶えの選手たちを見て金本監督やコーチ、スタンドも大笑い。これまでの阪神キャンプでは見られない一幕だった。

 秋季キャンプでも1度だけ行われたこのリレー。今キャンプでは休日前の恒例メニューにするという。「超変革」をスローガンに掲げる新監督は、「厳しさと明るさ」のあるチームにしたい。金本カラーが出た練習メニューだった。

「超変革」といえば、ダメ虎改革を託されたかつての星野監督もそうだった。4年連続最下位のチームをガラリと変えるため、キャンプ初日からヘッドの島野さんが拡声器を使い選手を鼓舞し、皆、大声を出してユニホームも真っ黒だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  9. 9

    今度は全柔連のパワハラ隠蔽疑惑 山下会長の無責任な対応

  10. 10

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

もっと見る