直球手元で伸びた 阪神・藤川4年ぶり復帰登板は上々の出来

公開日:  更新日:

 投手には2種類のタイプがいる。

 ひとつはゴロアウトが多いタイプ。主にシュートしながら沈むツーシーム主体の投手で、メジャーにはごまんといる。もうひとつはフライアウトが多いタイプ。ストレートを実際の球速以上に速く、伸びているように感じさせることで、空振りを奪ったり、ポップフライに仕留めたりする。

 藤川球児(35)は本来、後者の代表みたいな投手だ。メジャー移籍1年目の13年6月に右肘靱帯移植(トミー・ジョン)手術を受け、その後、パッとせず。打者の手元で浮き上がるように見えるストレートも鳴りを潜めていた。このオフ、4年ぶりで阪神に復帰。14日の紅白戦は生命線ともいうべきストレートが投げられるかどうかが焦点だったことを考えれば、合格点ではないか。

 先発して2回を1安打1四球無失点。ストレートの最速は147キロ。若手成長株で3年目の横田慎太郎(20)を高め速球で空振り三振に打ち取ったかと思えば、他の打者を内野フライに仕留めるシーンも。他球団のスコアラーもこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  8. 8

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る