日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

直球手元で伸びた 阪神・藤川4年ぶり復帰登板は上々の出来

 投手には2種類のタイプがいる。

 ひとつはゴロアウトが多いタイプ。主にシュートしながら沈むツーシーム主体の投手で、メジャーにはごまんといる。もうひとつはフライアウトが多いタイプ。ストレートを実際の球速以上に速く、伸びているように感じさせることで、空振りを奪ったり、ポップフライに仕留めたりする。

 藤川球児(35)は本来、後者の代表みたいな投手だ。メジャー移籍1年目の13年6月に右肘靱帯移植(トミー・ジョン)手術を受け、その後、パッとせず。打者の手元で浮き上がるように見えるストレートも鳴りを潜めていた。このオフ、4年ぶりで阪神に復帰。14日の紅白戦は生命線ともいうべきストレートが投げられるかどうかが焦点だったことを考えれば、合格点ではないか。

 先発して2回を1安打1四球無失点。ストレートの最速は147キロ。若手成長株で3年目の横田慎太郎(20)を高め速球で空振り三振に打ち取ったかと思えば、他の打者を内野フライに仕留めるシーンも。他球団のスコアラーもこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事