初対決のマエケンは要警戒 イチローは日本人投手をカモに

公開日:  更新日:

 日本時間27日現在、防御率0.36は、ナ・リーグトップ。開幕4試合で1失点のドジャース・前田健太(28)が、29日のマーリンズ戦に先発する。

 相手先発は13年の新人王であるホセ・ヘルナンデス(23)。エース級との投げ合いは初めてだけに打線の援護は未知数だが、それ以前に警戒しなければならないのはイチロー(42)だ。

 というのもイチローは日本人投手との初対戦にめっぽう強いからだ。野茂には01年に2打数無安打、松坂には07年に4打数無安打と抑えられたものの、日本人投手が次々に海を渡るようになった09年以降はまるで別人のよう。09年に上原を3打数2安打、黒田を3打数1安打と打ち込むと、12年にはダルを4打数3安打、岩隈を3打数1安打。昨年は田中を4打数2安打とカモにした。

 イチローは一昨年、田中がヤンキースと7年総額160億円で契約した際、「このオファーを受けたことへの覚悟と自信に敬意が払われるべき」とコメントした。これだけの契約を結ぶからにはそれなりの自信と覚悟があるんだろうなという、イチローなりの率直な感想というか“激励”だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る