• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初対決のマエケンは要警戒 イチローは日本人投手をカモに

 日本時間27日現在、防御率0.36は、ナ・リーグトップ。開幕4試合で1失点のドジャース・前田健太(28)が、29日のマーリンズ戦に先発する。

 相手先発は13年の新人王であるホセ・ヘルナンデス(23)。エース級との投げ合いは初めてだけに打線の援護は未知数だが、それ以前に警戒しなければならないのはイチロー(42)だ。

 というのもイチローは日本人投手との初対戦にめっぽう強いからだ。野茂には01年に2打数無安打、松坂には07年に4打数無安打と抑えられたものの、日本人投手が次々に海を渡るようになった09年以降はまるで別人のよう。09年に上原を3打数2安打、黒田を3打数1安打と打ち込むと、12年にはダルを4打数3安打、岩隈を3打数1安打。昨年は田中を4打数2安打とカモにした。

 イチローは一昨年、田中がヤンキースと7年総額160億円で契約した際、「このオファーを受けたことへの覚悟と自信に敬意が払われるべき」とコメントした。これだけの契約を結ぶからにはそれなりの自信と覚悟があるんだろうなという、イチローなりの率直な感想というか“激励”だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る