• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

楽天10年ぶり9連敗 もう気になる梨田監督への“クビ宣告”

 泥沼である。

 楽天が26日の試合にも敗れて9連敗。西武の高卒2年目右腕・高橋光に3安打完封を食らい、守っても2失策とボロボロだった。9連敗は球団創設2年目の06年以来、実に10年ぶりである。

 2年連続の最下位に沈んだ昨年は57勝83敗3分け。優勝したソフトバンクに33.5ゲームの大差をつけられ、デーブ大久保監督は就任1年でクビを切られた。

 そこで経験豊富な梨田監督(62)を招聘し、チーム再建を託したわけだが、ここまで15勝28敗2分けの勝率.349。昨年を上回るペースで黒星を重ねているどころか、球団創設2年目の勝率.356にも及ばない可能性が指摘されるほどの惨状である。

「悪い方、悪い方へ来ている。打順や選手の入れ替えも考えないといけない」とは、試合後の梨田監督。現状のチームには、上向く気配がないということだろう。

 梨田監督は3年契約だが、オーナーがトップダウンでなんでも決めるこの球団は、何が起こるか分からない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る