楽天10年ぶり9連敗 もう気になる梨田監督への“クビ宣告”

公開日: 更新日:

 泥沼である。

 楽天が26日の試合にも敗れて9連敗。西武の高卒2年目右腕・高橋光に3安打完封を食らい、守っても2失策とボロボロだった。9連敗は球団創設2年目の06年以来、実に10年ぶりである。

 2年連続の最下位に沈んだ昨年は57勝83敗3分け。優勝したソフトバンクに33.5ゲームの大差をつけられ、デーブ大久保監督は就任1年でクビを切られた。

 そこで経験豊富な梨田監督(62)を招聘し、チーム再建を託したわけだが、ここまで15勝28敗2分けの勝率.349。昨年を上回るペースで黒星を重ねているどころか、球団創設2年目の勝率.356にも及ばない可能性が指摘されるほどの惨状である。

「悪い方、悪い方へ来ている。打順や選手の入れ替えも考えないといけない」とは、試合後の梨田監督。現状のチームには、上向く気配がないということだろう。

 梨田監督は3年契約だが、オーナーがトップダウンでなんでも決めるこの球団は、何が起こるか分からない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  4. 4

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る