• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

楽天10年ぶり9連敗 もう気になる梨田監督への“クビ宣告”

 泥沼である。

 楽天が26日の試合にも敗れて9連敗。西武の高卒2年目右腕・高橋光に3安打完封を食らい、守っても2失策とボロボロだった。9連敗は球団創設2年目の06年以来、実に10年ぶりである。

 2年連続の最下位に沈んだ昨年は57勝83敗3分け。優勝したソフトバンクに33.5ゲームの大差をつけられ、デーブ大久保監督は就任1年でクビを切られた。

 そこで経験豊富な梨田監督(62)を招聘し、チーム再建を託したわけだが、ここまで15勝28敗2分けの勝率.349。昨年を上回るペースで黒星を重ねているどころか、球団創設2年目の勝率.356にも及ばない可能性が指摘されるほどの惨状である。

「悪い方、悪い方へ来ている。打順や選手の入れ替えも考えないといけない」とは、試合後の梨田監督。現状のチームには、上向く気配がないということだろう。

 梨田監督は3年契約だが、オーナーがトップダウンでなんでも決めるこの球団は、何が起こるか分からない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る