日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松山英樹が首位に5打差9位 メジャー初V狙える好位置に

【全米プロゴルフ選手権 2日目】

 メジャー2戦連続予選落ちの松山英樹(24)にとって、今大会は決勝進出が最低限のノルマだった。この日は67で回り通算4アンダーまで伸ばし、カットライン(2オーバー)は楽々クリア。それどころか9位まで順位を上げて、残り2日間でメジャー初優勝を狙える好位置につけた。

 見せ場は2番パー4でいきなりやってきた。残り130ヤードの2打目は傾斜を計算したかのようにピン上4メートルに落とすと、ボールはカップに吸い込まれてチップインイーグルを奪った。

 4番では7メートルの長いバーディーパットを沈めて通算4アンダーと前半から勢いがあった。

 ところが直後から5番ボギー、6番バーディー、7番ボギーと流れが悪くなった。

 インパクト直後にアイアンを放り投げたり、左手を離してフィニッシュが決まらないなど、首をかしげ、スイングに納得していなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事