松山英樹が首位に5打差9位 メジャー初V狙える好位置に

公開日: 更新日:

【全米プロゴルフ選手権 2日目】

 メジャー2戦連続予選落ちの松山英樹(24)にとって、今大会は決勝進出が最低限のノルマだった。この日は67で回り通算4アンダーまで伸ばし、カットライン(2オーバー)は楽々クリア。それどころか9位まで順位を上げて、残り2日間でメジャー初優勝を狙える好位置につけた。

 見せ場は2番パー4でいきなりやってきた。残り130ヤードの2打目は傾斜を計算したかのようにピン上4メートルに落とすと、ボールはカップに吸い込まれてチップインイーグルを奪った。

 4番では7メートルの長いバーディーパットを沈めて通算4アンダーと前半から勢いがあった。

 ところが直後から5番ボギー、6番バーディー、7番ボギーと流れが悪くなった。

 インパクト直後にアイアンを放り投げたり、左手を離してフィニッシュが決まらないなど、首をかしげ、スイングに納得していなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  6. 6

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  7. 7

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る