池田勇太13位浮上 海外メジャー自己ベスト更新チャンス

公開日: 更新日:

【全米プロゴルフ選手権 2日目】

 イーブンパー36位発進の池田勇太(30)が5バーディー、2ボギーの67で回り、通算3アンダーまでスコアを伸ばし、23人抜きで一気に13位に浮上した。

 インスタートの池田は10番で第1打を右クリークに入れて、ボギー先行。13番で初バーディーを決めたが、前半は強い雨の影響でプレーが40分にわたって中断するなど、厳しいコンディションだった。

 後半は天気が回復し、グリーンがウエットになり、ボールが止まるようになった。3番はボギーだったが、4番5メートル、5番15メートル、6番1.5メートルの3連続バーディー。9番もバーディーで締めくくった。

「昨日からショットが好調で、それに増してパットが入ったからこういうスコアになった。前半は雨、風がきつくて、それに耐えた」(池田)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  2. 2

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  3. 3

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  9. 9

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  10. 10

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る