日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アジア初制覇のU19 東京五輪でブレークする選手は誰だ?

 バーレーンで行われていたU─19(19歳以下)アジア選手権で日本代表が、30日の決勝でサウジアラビアを倒し、この世代のアジア王者のタイトルを初めて獲得した。

 試合は前半途中までサウジのペース。それでも今大会3得点のエースFW小川(磐田)の右足シュート、京都橘高のFW岩崎のドリブル突破などで日本が主導権を握り始め、前後半と延長戦の120分を戦ってスコアレスに終わったが、その後のPK戦をきっちりと制して初優勝を飾った。

 これで来年5月、韓国で行われるU─20W杯にアジア王者として出場するわけだが、U─20W杯への関心は今後、飛躍的に高まっていくだろう。2020年東京五輪に出場するU─23(23歳以下)日本代表の主軸の大半が、アジアU─19選手権を戦った選手の中から選ばれるからである。

■DF冨安と中山、FW小川と岩崎

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事