作家・神崎京介氏 ゴルフ仲間だった故長友啓典さんを追悼

公開日:

 ゴルフ好きにとって最大の悲しみは、ゴルフ仲間を失うことだ。

 3月4日早朝、グラフィックデザイン界の巨星、長友啓典氏が亡くなった。享年77。

 突然の訃報だった。

 昨年暮れに六本木でお会いした時は体調も顔色も良さそうで、「神ちゃん、暖かくなったら一緒にゴルフやろうね」と誘っていただいた。またその時、「絶版だった『死なない練習』が電子書籍で復活することになったから、もう絶版になることはないんだ」と喜んでもいらした。死を予感させるものは何もなかった。

 長友さんのプレースタイルは極めて誠実で真摯なものだった。ゴルフに本気だったのだ。

 健康のためにたしなむという程度の関わり方ではない。スポーツとして本気で取り組んでいるからこその向上心と闘争心があった。それがひしひしと伝わるから、長友さんとのラウンドは楽しく清々しい気持ちになったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る