作家・神崎京介氏 ゴルフ仲間だった故長友啓典さんを追悼

公開日:

 ゴルフ好きにとって最大の悲しみは、ゴルフ仲間を失うことだ。

 3月4日早朝、グラフィックデザイン界の巨星、長友啓典氏が亡くなった。享年77。

 突然の訃報だった。

 昨年暮れに六本木でお会いした時は体調も顔色も良さそうで、「神ちゃん、暖かくなったら一緒にゴルフやろうね」と誘っていただいた。またその時、「絶版だった『死なない練習』が電子書籍で復活することになったから、もう絶版になることはないんだ」と喜んでもいらした。死を予感させるものは何もなかった。

 長友さんのプレースタイルは極めて誠実で真摯なものだった。ゴルフに本気だったのだ。

 健康のためにたしなむという程度の関わり方ではない。スポーツとして本気で取り組んでいるからこその向上心と闘争心があった。それがひしひしと伝わるから、長友さんとのラウンドは楽しく清々しい気持ちになったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る