• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山根会長“死んだふり”辞任 ボクシング界に根強い院政恐怖

「連盟の理事になって27年、会長になって7年、定款にない『終身会長』の座に納まって築き上げた独裁体制は、相当に根深いものがある。連盟に籍を残すなら、院政を敷く可能性も捨て切れない。だから、あくまで除名を求めている。いずれにしても、あの会長がこのままおとなしく引き下がるとは思えない。国際ボクシング協会(AIBA)に残す影響力も無視はできません」

■「我々が黙っちゃいない」

 “世界の山根”“カリスマ山根”を自称した山根会長は、94年から02年までの8年間、AIBAの常任理事を務めた。本人が「世界に顔が利く。世界で山根明の名前を知らない人間はいない」とうそぶいていたのもあながち大げさではない。今もAIBA幹部との強力なパイプを持ち、今年2月に国際オリンピック委員会のバッハ会長が20年東京五輪の実施競技からボクシングを除外する可能性を示唆すると、「我々が黙っちゃいない」「AIBAとはやりとりができる」と豪語していた。山根会長の抗議で、国際大会での判定が日本有利にひっくり返ったケースがあったのは、ボクシング関係者の間では有名だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る