元ボクサー西島洋介さん ジム経営とVIPボディガードの今

公開日:

 時にはVIPのボディーガードも引き受ける。

「引退したとはいえ、トレーニングは続けてますからね。セキュリティーをしてるマハラジャ六本木では、どんなトラブルメーカーでも私の姿を見たら、おとなしくなりますよ。アハハハ」 

■ピーター・アーツ戦の陰でバイト生活

 さて、板橋区生まれの西島さんがボクシングに目覚めたのは中学時代。元統一世界ヘビー級王者マイク・タイソンの試合をテレビで観戦し、「180センチしかないタイソン選手が2メートルほどもある大男をパンチ一つでなぎ倒す姿にすごく感動した」

 高校進学後、埼玉・オサムジムに入門。日本人初のヘビー級ボクサーを目指して猛練習を始めた。卒業直後の1992年3月に「西島洋介山」のリングネームでプロデビュー。3ラウンドKOで勝利し、5戦目に判定で敗れるも、それ以外は6割強のKO率で連戦連勝。95年2月、11戦目にしてNABO北米クルーザー級王座を判定で勝ち取り、日本人初の重量級チャンピオンとして一躍脚光を浴びた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る