• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元ボクサー西島洋介さん ジム経営とVIPボディガードの今

投稿日:

 キャラも濃かった。リングシューズの代わりに地下足袋を履き、繰り出すのは「手裏剣パンチ」に「宇宙パンチ」。

「全部、ジムの渡辺会長のアイデア。プロならお客さまを楽しませろ! 負けるときはダイナミックに負けろ! 楽しませてこそプロ!! と教えられました」 

 翌96年10月にはOPBF東洋太平洋クルーザー級、97年7月にWBF世界クルーザー級の両王座を奪取。この間、結婚したほか、「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングコーナーに出演するほどの人気だった。

 だが、契約のこじれから渡辺会長と袂を分かち、99年に単身渡米。現地ジムで猛練習に明け暮れたが、ひじの故障が原因で2003年7月に活動を休止した。

 帰国後、総合格闘技やK―1に参戦。敗れはしたものの、強豪のマーク・ハントやピーター・アーツとの熱戦は高視聴率を叩き出した。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

もっと見る