米野球殿堂 通算652セーブのマリアーノ・リベラが候補入り

公開日: 更新日:

 全米野球記者協会(BBWAA)は19日(日本時間20日)、野球殿堂入りの候補35人を発表。通算652セーブのマリアーノ・リベラ、同256勝左腕アンディ・ペティット(ともにヤンキース)、同203勝右腕のロイ・ハラデー(ブルージェイズ他)ら20人が初めてエントリーされた。

 米野球殿堂入りは、引退後5年以上経過した選手が対象になる。今回、初めて候補入りした選手には、松井秀喜氏(現ヤンキースGM特別アドバイザー)の同僚やライバルが複数、名を連ねた。

 今回も、クレメンス、ボンズ、ソーサら現役時代に禁止薬物に手を出した選手の票の行方にも注目が集まっている。

 米野球殿堂は来年1月22日に発表される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る