田中浩康
著者のコラム一覧
田中浩康

1982年、京都生まれの36歳。尽誠学園高(香川)、早大を経て、04年自由獲得枠でヤクルト入団。17年にDeNA移籍し、18年限りで現役引退。プロ通算14年、1292試合出場、1018安打、歴代5位の302犠打をマーク。二塁手としてベストナイン2回(07年、12年)、ゴールデン・グラブ賞1回(12年)。

試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

公開日:

 プロ14年で記録した犠打は302。歴代5位の数字ですが、最初はハッキリ言って下手でした。

 バントの記録は仕事に徹した積み重ねだと受け止めています。プロ入りしてからずっと、バントのサインが出ない打者を目指してやってきました。「打ちたいのにな。クソー」と心の中でつぶやきながら、バントをしたこともあります。そういうときは得てして失敗したものです。

 もちろん、3割30本を打てれば言うことはありません。ズバぬけた長所がない僕がプロで生きていく術は何かと考え、バントの技術を磨くことで常時出場できるようになったという手応えはあります。

 打率は3割あれば成功ですが、バントには10割が求められます。ベンチは確実に決めてほしいときにしかサインは出しません。

 僕はプロで一定の期間が過ぎてから、「野球は仕事」と割り切って考えるようになりました。だから、バントを決めてガッツポーズをした記憶は一度もない。決めて当たり前という中でコツコツ転がし、走者を進めてきたことが人生観にも影響しているかもしれません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る