武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

全米8強届かず影薄く…錦織は10.14フェデラー戦を起爆剤に

公開日: 更新日:

 今年最後のグランドスラム、テニスの全米オープンは佳境を迎え、フェデラー、ナダル、セリーナという豪華選手の活躍に沸いている。残念ながら錦織圭、昨年覇者の大坂なおみともベスト8に届かなかったが、原因は明白で別にショックはないだろう。これからのアジアがカギだ。

 2人とも準備不足が露骨に出た。錦織は欧州遠征で痛めた右腕の影響で十分に練習できず、前哨戦は2戦2敗での本番入り。2回戦の第1セットのファーストサーブの確率が35%、トータルが50%。それでも相手が世界108位だから勝てたものの、上り坂の20歳、アレックス・デミノーが相手となれば話は別。ファーストの確率50%でラリー戦を攻撃的に展開できず、無理がたたって相手の倍以上の60本も凡ミスが出た。

 大坂も前哨戦で痛めた左膝の影響が出た。体重をかけると痛むとかで、サーブの練習不足を認めた。同い年のベンチッチは、マルチナ・ヒンギス母娘に育てられて早くからうまさとパワーに定評があった選手。第1セットにエース6本を叩き込んでも、確率54%の低さは格好の餌食で、セカンドサーブからカウンターを食らってのストレート負けだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  6. 6

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る