4年後目指す早田ひな 悔しさ晴らす五輪代表連覇の日本一

公開日: 更新日:

 文句なしの頂点だ。

 卓球の全日本選手権最終日、サウスポー同士の対決となった女子シングルス決勝は、早田ひな(19)が石川佳純(26)を4―1で破り初優勝した。

 早田は準決勝では、男女通じて初の3年連続3冠(ダブルス、混合ダブルス、シングルス)を狙っていた伊藤美誠を4―3で下した。東京五輪の女子シングルス代表に連勝し、伊藤とのコンビで3連覇したダブルスとの2冠に輝いた。

 2017年11月のスウェーデンオープンダブルスでも伊藤と組み、当時世界ランク1位の朱雨玲、同2位陳夢の中国ペアに勝って優勝している。日本の女子選手では身長が高く(167センチ)、パワーがあり、手足も長い早田(日本勢6番手)も、東京五輪代表候補のひとりだったが、1月6日に発表された団体戦メンバーは同3番手の平野美宇(19)だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  3. 3

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  10. 10

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る