4年後目指す早田ひな 悔しさ晴らす五輪代表連覇の日本一

公開日: 更新日:

 文句なしの頂点だ。

 卓球の全日本選手権最終日、サウスポー同士の対決となった女子シングルス決勝は、早田ひな(19)が石川佳純(26)を4―1で破り初優勝した。

 早田は準決勝では、男女通じて初の3年連続3冠(ダブルス、混合ダブルス、シングルス)を狙っていた伊藤美誠を4―3で下した。東京五輪の女子シングルス代表に連勝し、伊藤とのコンビで3連覇したダブルスとの2冠に輝いた。

 2017年11月のスウェーデンオープンダブルスでも伊藤と組み、当時世界ランク1位の朱雨玲、同2位陳夢の中国ペアに勝って優勝している。日本の女子選手では身長が高く(167センチ)、パワーがあり、手足も長い早田(日本勢6番手)も、東京五輪代表候補のひとりだったが、1月6日に発表された団体戦メンバーは同3番手の平野美宇(19)だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る