春日良一
著者のコラム一覧
春日良一元JOC職員・スポーツコンサルタント

長野県出身。上智大学哲学科卒。1978年に日本体育協会に入る。89年に新生JOCに移り、IOC渉外担当に。90年長野五輪招致委員会に出向、招致活動に関わる。95年にJOCを退職。スポーツコンサルティング会社を設立し、代表に。98年から五輪批評「スポーツ思考」(メルマガ)主筆。

都知事選 延期五輪の現状、オリンピズムを理解する者は?

公開日: 更新日:
小池都知事はIOCとの信頼関係を築けてはいない(左はバッハIOC会長)/(C)日刊ゲンダイ

 7月5日が投開票日となる東京都知事選に向け、各候補者の争点は、新型コロナウイルスに対する経済対策に絞られているようだ。候補者たちが誰もが聞くに心地よい公約を述べるのはどの選挙でも同様だ。だからこそ、誰が最も都知事としてふさわしいか?

 そのリトマス…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  4. 4

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  5. 5

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  6. 6

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  7. 7

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  8. 8

    遠征先で無断外泊先から球場入り…それでも石井は好投した

  9. 9

    コロナ死1万人増の最悪シナリオ 逃避変異に感染研が警鐘

  10. 10

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

もっと見る