コロナ禍と国際政治の泥沼化で2022年北京五輪開催も絶望視

公開日: 更新日:

 東京五輪の半年後、22年2月に開催予定の北京冬季五輪だが、中国は世界中を震撼させている新型コロナウイルスの元凶ともいわれ、米国、豪州などさまざまな国と摩擦を起こしている。インドとは武力衝突にまで発展し、両国から死者を出した。また、香港に対しては今月1日に国家安全維持法を施行し、吸収する体制を整えている。まさに政治の泥沼の中、米国などがボイコットをした80年モスクワ五輪の二の舞いを懸念する声もある。東アジア情勢に詳しいジャーナリストの近藤大介氏はこう語る。

「21世紀ではボイコットは起こりにくい。政治的なメッセージを表すのには有効な手段ですが、やはり『自国の選手たちの夢を潰す』という行為が、SNSの普及した現代では強烈な政権批判につながるからです。代わりに、14年ソチ冬季五輪のように各国の代表が開会式を欠席するという事態は考えられる。また、香港はこれまで『中国香港』として出場しています。冬季は02年ソルトレークシティー五輪からですが、前回の平昌五輪には1人だけと出場人数は多くありません。中国政府は『世界順位で何位以上』など出場にハードルを設け、香港を締め出す可能性はあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る